各事業所 生活支援・自立支援・活動支援・就労支援・デイサービス・相談窓口

ホーム > 各事業所 >地域生活支援センター「ジョイント」

地域生活支援センター「ジョイント」からのお知らせ

知的障害者ガイドヘルパー養成研修 2017年6月講座

日時  2017年6月24日(土)、25日(日)
    6月、7月中に実習1日

2017年6月講座募集チラシを参照いただき、申込用紙PDF または 申込用紙(ワード)をパソコンに保存して入力するか、プリントアウトして記入の上、FAXで送信してください。

メールアドレス  joint-kyotaku@ichiyou-kai.or.jp
ファックス    0798-31-5708

※メールに下記の①~⑧を記入して送信していただいても構いません。
①氏名 ②ふりがな ③生年月日 ④職業・学校名 ⑤住所
⑥自宅電話・携帯電話番号 ⑦メールアドレス ⑧志望動機

場所   すずかけ作業所(西宮市津門大塚町1番38号)

対象者
  ・18歳以上で学歴・経験は問いません。
     ・所定の日程2日間のカリキュラムと実習1日を受講できる方。
     ・全カリキュラム終了後、「ジョイント」で活動できる方

定員
   20名(最少催行人数8名)

費用
   一般:10,000円  学生: 2,000円

申し込み方法 

下記の募集チラシを参照いただき、申込用紙の書式に内容を記入の上、プリントアウトしてFAXしていただくか、メールに添付して送信してください。

申し込み締め切りは  6月10日(土)です。

メールアドレス  joint-kyotaku★ichiyou-kai.or.jp  ※「★」記号を「@」に置き換えてください。
ファックス    0798-31-5708

募集チラシ
2017年6月ガイドヘルパー養成研修募集チラシ

163KB

お問合せ先 
社会福祉法人一羊会
地域生活支援センター「ジョイント」
担当:黒木・斯波(しば)
〒663-8241 西宮市津門大塚町1-47 
TEL:0798-23-6865

申し込み用紙(PDF)126KB

☆申し込み用紙(ワード) 45KB


資格取得後

・知的障害者ガイドヘルパーとして活動できます。
・ジョイントでは、経験豊富なスタッフがしっかり引き継ぎをします。
・定期的に登録スタッフ対象の研修を行うことで普段の支援を振り返ったり、スタッフ同士の交流の場として親睦会を開催したりしています。

知的障害者ガイドヘルパーとは?

ガイドヘルパーの資格種類には、「知的障害」・「全身性」の2種類があります。本講座は、知的にしょうがいのある方に対して外出の支援を行う「知的障害者ガイドヘルパー」の養成を目的としています。
「知的障害者ガイドヘルパー」は、知的にしょうがいのある方が、電車やバスを利用して、買い物や外食、映画、コンサートなどに外出することをサポートします。ガイドヘルパーを利用することで、知的にしょうがいのある方が、普段私たちが外出するのと同じように、行きたいときに行きたいところへ安全に外出することができます。それによって知的にしょうがいのある方の生活の幅が広がると考えています。

カリキュラム ※カリキュラムは変更となる場合があります。

【3月11日(土)9:15~18:00】        【3月12日(日)9:30~17:00】
9:15~ 受付・開講挨拶・研修についての説明    9:30~ 知的障害者の疾病、障害等に関する講義②(2H)
9:30~ 障害者福祉の制度とサービス(2H)     11:40~ 障害者の心理に関する講義(1H)
12:30~ 居宅介護概論(2H)            13:40~ コミュニケーションについて(1H)
14:40~ 移動支援に係わる制度とサービス(1H)    14:50~ 事故防止に関する心がけと対策(1H)
15:45~ 知的障害者の疾病、障害等に関する講義①(2H)    16:00~ 居宅介護従業者の職業倫理(1H) 
17:45~ 事務連絡、実習説明

別日程で個別に実習1日(およそ6時間~8時間)を行います。
※実習日程は、個別に相談し決定します。
実習時にかかる実習生の交通費、入場料等は実習生の負担となります

スタッフの声

みなさんの笑顔で自分も笑顔になれると感じています。困ったことがあれば職員と相談しながら活動できます。